#2i2コンセプト

人見知りだし自己肯定感も高くないし

全然かわいくないの、自覚してる。

なのに君の声で

 

どうしようもない心拍の波にのまれていく

生ぬるい息を飲みこんだタイミング

 

ぼくがどこにいても、いつでも

君から話かけてくるくせに

ちょっとだけ鈍感すぎるよね。

 

嫌いだったら、だったら (言わないよ)

だってさ、だってさ (言えないよ)

ドラマの中のストーリーの僕達

 

だったら、だったら(言えたかな?)

だってさ、だってさ(言えるわけないから)

 

君になにも言えないままバイバイ

 

けれどどうしようもない後悔の波にのまれていく。

チャンスを感じていたボク自身が気持ち悪くてさ

 

自己嫌悪が加速していくdays

悪循環を回り続けてさ。

それ以前に自分を好きになる方法すらわからない。

 

あの子だったら、だったら(言えたのに)

だってさ!だってさ...(知らないよ笑)

僕は僕以外の誰にもなれやしない

 

しないから0から(やりなおし)

できたら、できたら(人並くらいには..).

なんて、バカな事ばっか考えて。

 

どこにいても、いつでも

話かけてくれたのに

ちょっとだけ鈍感すぎたよね。

 

勘違いだって思いたかったよ。  

そんな淡い期待なんてしたくなかったから

 

迷惑だったら、だったら(言わないよ)

だってさ、だってさ(言えるわけないから)

せめて、君に笑顔でバイバイ

 

なんてさ。やっぱり(できないよ)

だってさ、だってさ(言えないよ)

ドラマの中のストーリーの僕達

 

だったら、だったら(いつまでも)

何度も何度も(このままでいいから)

君に好きを何度でも伝えたい。

 

outro